パラダイスファームの日々

緊急鉢上げ

blog050330なんだか雪の融けない畑を横目に(しかもさらに降ってる(T_T))、苗達はぐんぐん大きくなっています。予想よりペースは速く、プラグのトマトが森みたくなってきたので、一度小さめのポットに鉢上げすることになりました。置き場所の関係でまだ大きいポットには入れられないのです。
今年から鉢の土は自分でブレンドしています。山土と完熟堆肥、もみ殻燻炭に少し肥料分を加えて良く混ぜ、ふるいます。
「さあさあ、あわてず、じっくり大きくなるんだよー」と、少々ひょろの苗に言い聞かせ、一本一本独立させていきました。
  1. 2005/03/30(水) 18:27:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

入学式

タカヘイが旭川市の農村婦人大学に入学することになり、今日入学式でした。
農村婦人…その古式ゆかしい響きとは裏腹に、参加する農家のお母さん方は、もう元気いっぱい、目がきらきら輝いているのに驚きました。そう、農業は女性が支えているのですね、実感です。

4月から、農繁も農閑もかかわらず月1回の講座が開かれます。なんと9年ぶりの学生生活(^x^)、楽しんで、頑張って、素敵な農村婦人目指します〜!
  1. 2005/03/28(月) 19:26:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ふわふわ

blog050325春ドロに気をとられていましたが…よく見るとほくとの毛が抜けてすごい!一日で床の上はふわふわ。写真はふわふわで遊ぶあづきと、心配そうに見守るほくと。
ほくとは去年までは、ずっと外でしたから、毛が抜けるのは5月末くらいだったと思うのです。家の中にいるので今年は早い。油断するなよ〜、何が起きるかわからぬぞ〜。と、ドロめくほくとの下回りを見つめ、つぶやくのです…。
  1. 2005/03/25(金) 14:04:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

春ドロ

我が家の一階は全面土足…冬の間中、来たるべき泥めきの春を思うたび憂鬱にならざるを得ませんでした。
しかし、恐れていた事態は少しづつ現実のものとなり…要はドロドロなのです!!ほくとのあしあと、あづきのあしあと、急いでて履き替える余裕の無かったケンのあしあと、渋谷さんの座ってた下の所!

課題は多いです。とりあえず明日水拭き用のモップ探しの旅に出る予定。春ドロを乗り越えたとき、タカヘイは本当の春を迎えるのです(ちょい大げさ(^x^))。
  1. 2005/03/23(水) 19:19:38|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

札幌

昨日、今日と友人の結婚式で札幌に行ってきました。久しぶりの札幌、しかも会場はすすきのど真ん中!年度末の週末で街は大混雑。普段の暮らしからは想像できない人口密度に、ちょいくらくらしました。

今の世の中の流れを少し感じつつ、桜岡での暮らしのすばらしさを再確認。時々行く都会は結構有意義なのです。
  1. 2005/03/20(日) 20:14:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

パンダ?

blog050317-2blog050317-1写真左側は、渋谷さん曰く、「パンダ型に雪が融けてきた」家の屋根の様子。アスファルトシングルという素材で葺いていて、冬中雪は落ちません。ん〜、よく見るとパンダ顔かな〜?微妙なところ。
右は芽の生えそろった苗達。毎日少しずつ大きくなって頼もしいかぎりです。

今日は水菜の種を、ペーパーポットという紙の枠みたいなのにまきました。
2日程前から、スイッチが入ったような勢いで雪が融け始めています。
  1. 2005/03/17(木) 17:26:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

蕎麦をうつ

blog050316最近、大切なお客さんや、ここぞ!というときには、蕎麦をうつようになりました。ぼきぼきの田舎蕎麦。もちろん十割です。
師匠は釧路方面の某オソバ屋さんのおばばです。去年の春、集中して習いました。

写真のように、小さい丸をたくさん作って延ばし、重ねて、普通の包丁で引き切りするという、変わったうち方です。特別な道具が無くてもできるし、気軽に楽しめる感じが気に入っています。しかも本格的においしい。
今日も昼から皆でわいわい、会話と手づくりの食を楽しむ幸せなひとときでした。
  1. 2005/03/16(水) 17:35:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

白黒の世界

blog050315雪が融けたら新しくビニールハウスを建てる予定なので、予定地に早めに融雪剤をまきました。真っ白のキャンバスに黒い粉の模様がおもしろい。モノトーンの絵のようにも見えます。

トマトの連作を避けて今年は新しいハウスの、新しい土に植え付けます。去年トマトを作っていたハウスは水菜。少しずつ規模を広げ、うまく輪作していければ、と思っています。Paradise Farmが完成した姿になるのはいったいいつのことでしょう…。
融雪剤にまみれた黒い顔でにっこり微笑む白い歯のケンタさん。完成しない方が面白くていいかな、とも思ってしまいます。

モモママ、コメントありがとう!野菜浸りの日々はもうすぐだよ〜。
  1. 2005/03/15(火) 14:09:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

お手伝い

今日はお隣のトマト農家さんが、苗の定植をするというのでお手伝いに行ってきました。うちの苗は芽が出たばかりですから、約2ヶ月早い作型で5月上旬には色づいてくる予定だそう。
ハウスの中は常夏の暖かさで、外の吹雪模様がうそのようです。大切に育てられた苗をフカフカの土のベッドに植え、紐で吊って支柱の代わりにします。

あ〜、うちのトマトも早く定植したいなー、そして早く食べたい!はやる気持ちと裏腹に、さらに降り積もった雪で作業は遅れ気味なのです。
芽の出た苗達をハウスに移しました。
  1. 2005/03/12(土) 20:39:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

記憶がよみがえる

昨日から激しく降り続いている雪で、あっという間に育苗用A-houseの肩まで積もってしまいました。昨晩遅くに一度除雪したのですが、屋根に積もった雪が落ちると再びいっぱいになってしまいます。

去年2月末の大雪でハウスが潰れた記憶がよみがえり、必死になって雪をよけます。この時季の雪は湿り気をおびて重く、なかなか大変な作業です。
でもこうして除雪やビニールかけをしているうちに、冬の間になまってしまった体が、少しづつ「動くモード」に変わっていくのを感じて、「ま〜、やっぱりまだ除雪機はいらないか」と言い訳のようにつぶやいています。

それにしてもそろそろ雪やんで〜!
  1. 2005/03/09(水) 15:40:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

一進一退

先ほど「播種」をアップした後、風に変わって雪が強まり、すごい勢いで積もってきました…。春かと思えば周りは再び冬景色。三寒四温を繰り返し、ゆっくり季節は移ろうのですね。
  1. 2005/03/08(火) 18:33:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

播種

blog050308毎年のことなのですが、ビニールハウスの芽だし場所の段取りが間に合わず、一番早い果菜類の種まきは家の中で、ということになってしまいました。電熱マットとこたつを組み合わせて温度を保つ作戦です。ごろんたトマト、中玉トマト、真黒なすに万願寺とうがらし、などなど…。今はプラグというとても小さいスペースに納まった種達ですが、大きくなるにつれて段々占有空間が広がっていきます。
昨日今日と気温が急に上がり、風が強いので、雪融けも進んでいます。融水の音が聞こえるようです。春近し。
  1. 2005/03/08(火) 13:27:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

恵み

blog050306桜岡に住むようになってから、周りの方に鹿肉をいただく機会が多くなりました。写真は子鹿の骨付きモモ燻製。超美味です。

それまで鹿の肉は匂いが強いというイメージがあって敬遠していたのですが、新鮮でちゃんと血抜きのされた鹿肉は全く匂いがありません。オーブン焼き、煮込んで濃厚なスープをとり、シチューやカレー、麺のスープ、煮込んだお肉に焼きめをつけてチャーシュー風に…。さまざまに形を変えて食卓に上ります。

赤身の、しっかりとしたワイルドなお肉は、太古の昔から北海道の自然の恵みとして食べられ続けてきたことがうかがえる、深い味わいなのです。
  1. 2005/03/06(日) 21:26:49|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

パトロール

blog050304年末に我が家にやって来た、悪魔ネコあづきさん。ひとまわり大きくなって、マスマス暴れています。
最近は外に出ることを覚え、納屋まで遠出してあちこち嗅ぎ回る日々。

そろそろ春の気配…春といえばネズミ(私だけ?)…ネズミといえばネコ!!ん〜、がんばってよ、あづき。
でも納屋でちょろちょろするあづき自身の動きがちょいネズミっぽくて、複雑な感じ…(写真は納屋の床下に一瞬だけ見えたあづきのおしり)。
  1. 2005/03/04(金) 13:19:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

準備

blog050303「ん〜、思ったより積もってるぞ〜。」
先日は育苗用A-houseにビニールをかけましたが、続いて水菜用B-houseにビニールをかける段取りを始めています。ハウスまでの道のりは少し遠く、ひざより深く積もった雪にクラシカルなかんじきが大活躍です。こんなシンプルな道具が、あるか無いかで大違い。道具ってすばらしい、って、よく思います。

ハウスの準備に、種まきの準備。そわそわしてきました〜、春はもうすぐ。
  1. 2005/03/03(木) 20:38:13|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

家のこと

blog050302佐々木さん、コメントありがとう。納屋残念でしたね。
引越は私達も年末でした。同じ宮島さん設計の家に、同時期に入るなんて、なんか不思議な縁ですね。

お気に入りの2階のくつろぎスペースの写真です。小屋組みが見えて、とても開放的な空間です。
家は一応完成しましたが、何となく「まだまだ」という感じがしています。まだ住みこなしていないというか、体になじみきっていないというか。

建物は建ったときが完成ではないのかもしれないですね。特に木の家は。
愛着をもって手入れをして、住みやすく工夫を重ねていくうちに、年月をかけて少しづつ味が出てくる。
昨日とある素敵なお寺に行って、それを実感しました。貴重な体験だったと思う。

古くなるのが楽しみなんて変かもしれないけれど、古くなってもカッコ良い家だな〜、と思えるように、大切に住んでいきたいと思っています。
  1. 2005/03/02(水) 19:08:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

手づくりのこと

クロさん、コメントありがとう。
麹楽しみですね。発酵食品ってホントおもしろい。目に見えない働き者の菌達の仕事ぶりに、いつも感心しています(^x^)。
  1. 2005/03/02(水) 18:42:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索